LIFEHACK-ATHON

仕事や人生を向上させる効率的な方法やアイデアを紹介するライフハックブログ。

ビルゲイツもしていた成功者の習慣「5時間ルール」とは?

Bill Gates - OnInnovation.com Interview

Microsoftの創業者であるビルゲイツや、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ、起業家のイーロン・マスクなど、著名なビジネスリーダー達がおこなっている5時間ルールはご存知だろうか?

彼らは、多忙な生活を送っているにも関わらず、個人的な学習時間を平日1日1時間、合計で1週間に5時間とっているそうだ。この習慣は「5時間ルール」と呼ばれており、主に読書、熟考、試行の3つの要素がある。

読書

Library books

読書は成功者の多くが実践している習慣であり、一番シンプルな学習方法だ。その証拠に、成功者の多くは、時に驚くほど読書に時間を費やしている。

  • ビル・ゲイツは年間50冊の本を読んでいる。
  • マーク・ザッカーバーグは最低でも2週間に1冊のペースで読書をしている。
  • イーロン・マスクは子供時代に毎日2冊本を読んでいた。
  • 投資家のウォーレン・バフェットは毎日5時間かけて、新聞5紙と500ページ近くある企業報告書を読む。

明日から本を持ち歩き、毎日数分でも読書を実行してみよう。例え1日10分の読書だったとしても1ヶ月で数冊は読めるはずだ。

熟考

Thinking Pug

眉間にしわを寄せながら熟考することは学習の重要なファクターだ。ただひたすら情報を暗記するだけでは、何の役にも立たないだろう。インプットした情報を熟考して自分の中で消化できて初めて学習といえる。
日記をつければ、毎日自然と熟考することが出来るだろう。その日の出来事を思い返すことで、自然と熟考することになるからだ。SPANX社の創業者サラ・ブレイクリーは、長年日記をつけており、過去の日記は20冊以上にもなるそう。

試行

Minifig comparison

成功者は皆、新しいアイデアや学習したことを試す時間を必ずとっている。Google社では仕事以外の新しいプロジェクトを試すために勤務時間の20%を使える「20%ルール」がある。
どんな素晴らしい製品やサービスも試行なしにはでてこなかっただろう。例え試行が失敗に終わったとしても、無駄ではないことはトーマス・エジソンも証明している。

私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。

おわりに

くれぐれも5時間ルールを仕事と混同しないように。毎日1時間残業しても、達成感は得られるかもしれないが、それは5時間ルールとは言えない。5時間ルールとは意図的に新しい知識やスキルを習得するためのルールなのだから。
最後に5時間ルールを継続するコツを紹介する。
「どんなに忙しくても、5時間ルールのための時間を割くこと」
「1時間は集中して、学習のために費やすこと」
「1時間の学習で10倍の効果を得るよう努力すること」